未分類

グレインフリーフードなら何でもいいというわけじゃない

犬は本来穀物の消化を得意としないので、最近ではグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードが人気で、いろいろな種類の商品も売られています。
ただ、グレインフリー=高品質とは限らない点は認識しておきましょう。
ここでは、良質なグレインフリーのドッグフードを見極めるポイントを紹介しましょう。

人口添加物フリー

まずひとつ目として、人口添加物が使用されていないという点です。
はっきりいって、添加物の配合されていないフードを探すのはまず困難です。
というのも、品質保持のためなどにビタミンといったものは不可欠だからです。

したがって添加物すべてがいけないというのではなく、保存料や着色料、香料、酸化防止剤などで化学合成された添加物は避けたほうが好ましいのです。
こういった化学合成物質は特に犬の消化器官に悪影響を及ぼし、涙やけやアレルギーなどの症状を起こす可能性を高めます。
グレインフリーのフードを探すのであれば、人口添加物も使用されていないものを選びましょう。
また、ビタミンやミネラルは特に危険ではありませんが、過剰に含有しているものは食材の鮮度や品質がよくない場合も少なくないので要注意です。

広告PR:カナガンドッグフード ステマ

良質なたんぱく質

ふたつ目に、良質な動物性たんぱく質を使用しているという点が挙げられます。
一般的なドッグフードには穀物が配合されていますが、グレインフリーではその代わりに肉や魚がたくさん使われています。
これは悪くありませんが、低品質だったり悪い品質であればそれらを食べる量が多くなるので、却ってよくない影響が出る恐れがあります。
品質の良い肉類は犬の健康にいいのですが、よくない肉は消化が悪く腸内環境を悪化させてしまうかもしれません。
新鮮で品質の良い肉類を使用している、できれば人間も食べることができるくらいの素材を使っているものをおすすめします。

炭水化物源にも注目

グレインフリーフードでは穀物による炭水化物が得られませんから、穀物以外の食材を炭水化物源とします。
その際に使用するのはなるべく血糖値を急上昇させない低GI値食品が好ましいです。
ドッグフードの原材料では、サツマイモやえんどう豆、ひよこ豆、インゲンマメなどが低GI値食品として使用されることが多いです。

ドッグフードPR:モグワン 公式サイト